2016年02月10日

明細偽造、披露宴費用踏み倒す 容疑で27歳男逮捕

結婚式と披露宴の費用を支払わなかったなどとして、大分南署は9日、有印私文書偽造・同行使と詐欺の疑いで、宮崎県延岡市、会社員知久大陸(ちく・ひろむ)容疑者(27)を逮捕した。容疑を一部否認している。

逮捕容疑は、2014年3月21日、大分市内の結婚式場で、結婚式と披露宴費用(計約510万円)の内金230万円を実際には支払っていないのに、金融機関に振り込んで支払ったように見せ掛けた自作の振込明細書などを提出した上、残金を後日支払うと装って、式と披露宴を開かせた疑い。

同署によると、式後、式場運営会社から支払いを要求されたが応じず、14年10月に民事裁判で全額を支払うよう命令を受けていたという。振込明細書では、インターネットバンキングで内金を振り込んだように装っていた。パソコンなどを使って偽造したとみている。
posted by いまどき at 22:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。